忙しい人も取り入れられる今日から始める温活ケア

アバター画像 style table 公式
2023.12.07

温活(おんかつ)とは体を温めて基礎体温を上げ、体調不良などを改善することです。
現代人は体温が低いと言われていますが、身体の冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか?
冷え性を自覚していなくても実は隠れ冷え性の方も多いと言われています。
そこで今回は温活のメリットや忙しい時にも簡単にできるおすすめの温活商品をご紹介します!

温活とは

自分の平熱がどのくらいか知っていますか?

健康な人の体温は36〜37℃といわれます。

37℃と聞くと少し体温が高いようにも感じますが、実は平熱の範囲。

一方で平熱が36℃以下の人は「低体温」となります。

現代人は平熱が下がっている、いわゆる「低体温」の人が増えてきているといわれます。

その理由は筋肉量が減ることで基礎代謝が下がり熱を作り出せなくなったり、強いストレスを感じることで自律神経が乱れ体温調節機能が働かなくなることが原因だそう。

わずか1℃程度の差ですが、低体温になると様々なデメリットがあります。

そこで健やかにすごすためには身体を温めて基礎体温をあげる“温活”が重要です!

温活のメリット

温活には様々なメリットがあります。

例えば、

・冷え性改善
・免疫力がアップし風邪をひきにくい身体になる
・むくみの改善
・痩せやすい身体に
・血流改善による腰痛・肩こりの改善
・子宮や卵巣が正常に働くため生理痛の改善や妊活への効果
など

冷えは万病の元といいますが、温活をすることの重要性が分かりますね!

温活におすすめ商品5選

Be バスミルク(ゆずジンジャーの香り) 150ml 4,730円(税込)

国産ゆずとジンジャーのまるで化粧水のお風呂に浸かっているようなバスミルク。古来より冬至に柚子湯に入る習慣が根付く日本。その爽やかな香りに加え、バスミルクには、Be ローションと同じ保湿成分を24種類配合。仕事に子育てに趣味に駆け抜けるアクティブワーカーの、贅沢にうるおう癒しの美容浴を叶えます。

バイヤーおすすめポイント

ゆずの皮や果実、果汁には血行を促進させ血流を整える成分が入っており、さわやかな香りで心身ともに癒されること間違いなしです!

購入はこちら!

https://online.styletable.jp/products/detail/1983

CLAYD CANISTER SET 400 5,830円(税込)

遠赤外線が出ているCLAYDのクレイは、温浴効果をサポートするので、身体がしっかりと温まるのが特徴です。クレイを入れたお湯に全身をゆっくりと浸していただくと、心地よい発汗へとみちびかれる*ので、さっぱりとした爽快感を感じていただけます。 (*温浴効果による)

バイヤーおすすめポイント

ペースト状にして、パックとして使用するのもおすすめ!

ご購入はこちら!
https://online.styletable.jp/products/detail/1007

ROSE LABO ローズアロマバスソルト 2,530円(税込)

約3億年前の純粋なミネラルをたっぷり含んだピンク岩塩と“食べられるバラ”をブレンドした、スキンケア処方のご自愛バスソルト。

豊富なミネラルとローズエキスがお肌へ浸透し、新陳代謝を高めて芯から身体を温めながら、たっぷりと潤ったすべすべのうっとり肌へ導きます。

バイヤーおすすめポイント

国産で農薬不使用の食べられるバラを使用したバスソルトはリッチな気持ちになりご褒美にも最適!

ご購入はこちら!

https://www.roselabo.jp/products/btbp000004/

SONNENTOR ゾネントア ヒルデガルト あたためるお茶 ¥1,077 (税込)

セージとタイムの香りが特徴。

ブラックベリーの葉とフェンネルの甘さをガランガルが引き締めます。

身体の芯からじんわりと温かさが持続します。

※ノンカフェインです。

バイヤーおすすめポイント

ノンカフェインなので、寝る前にほっと一息つきたい時にもおすすめです。

ご購入はこちら!

https://www.omochabako-webstore.jp/SHOP/SO02206.html

バイオノーマライザー 青パパイヤ酵素入り 梅醤野菜スープ 1,188円(税込)

オレンジ色に熟す前の青パパイヤは、酵素の含有量が野菜と果物の中で一番多く、「酵素の王様」と称されます。酵素には、消化・代謝をアップして免疫力を高める働きがあります。マグカップにお湯を注ぐだけで、手軽に作れて体温めにおすすめです!

バイヤーおすすめポイント

梅醤野菜スープは、二日酔いの日など胃が疲れている時にもおすすめ!

ご購入はこちら!

https://online.styletable.jp/products/detail/1970

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから寒くなる季節、一日の疲れをほっと癒してくれるお気に入り商品に出会えますように。