わたしたちが大切にする7つのエシカルテーマ ~style table の根幹にある想い~

アバター画像 style table 公式
2023.12.04

わたしたち style table は「地球、家族、友だち、わたし、未来 みんなにやさしく」そんな思いで2019年代官山で始まったエシカルショップです。

ここではわたしたちが日頃大切にしている想いについてご紹介します。

わたしたち style table について

わたしたちは「エシカル×サスティナブル×ヴィーガン」をテーマに、身体に良いものを使いたい。環境に配慮したものを使いたい。

自分たちの次の世代、更にその次の世代へと、きれいな地球を残していきたい。

そんな20代30代の働く女性・ママ達100人以上の、小さな声を集めたお店です。

良いものを使いたいけれど、何を選んだら良いのか分からない。判断が難しい。

そんなお声に応えて、全ての商品には、「7つのエシカルテーマ」を付与しています。

大切にしている想い

style tableでのお買い物が、エシカルな選択に繋がっていることを、

7つのエシカルテーマを通して、しっかりと感じていただけます。

そしてエシカルはもちろん、手に取った時、普段使う時に嬉しくなるような、

おしゃれでかわいいアイテムをセレクトしました。

1人が全ての行動を変えるよりも、

より多くの人が1つの行動を変えてみることが、

大きな変化に繋がっていくと信じています。

style table が、そんな行動のきっかけとなる場所になれたらと思っています。

style table にいらっしゃったら、いつも新しい発見があるように。

そんな想いを込めて、style table はこれからもお客さまと共に成長していきます。

 style tableが考える優しさ

大切にしている7つのエシカルテーマ

Japan Made ジャパンメイド

国内で製造された商品は、海外産と比べて移動距離がすくなく、CO2の排出量をおさえることができます。国産であることは、温室効果ガス排出削減に繋がっていることの証です。まずは一歩。難しいことは考えず、国産の商品を選んでみませんか。

※一部海外原料を含んでいても、最終製造が日本であるものを対象としています。

Organic オーガニック成分配合

「オーガニック」には、土壌や生態系への配慮はもちろん、その生産にも携わる人々への配慮も含まれます。「次の世代へと、きれいな地球を残していきたい」という想いのstyle tableでは特に大事にしているテーマです。

※オーガニック認証を取得していない商品については「N」と併せて付与しています。

Climate Crisis 気候危機対応

気候変動はわたしたちが思っているよりも急激に進んでいます。style tableでは一刻も早く対策を打たなければならないという思いから「気候危機対応」商品を取り揃えています。

・プラスチックの不使用や削減に取り組み、CO2の削減に寄与している

・国内原料使用、あるいは国内製造により、CO2の削減に寄与している

・製造企業が気候危機対策を行っている

Plastic Free プラスチックフリー

石油からつくられるプラスチックは生産時・廃棄時に大量のCO2を発生させ、気候危機の一因となっています。プラスチックを使っていないなどプラスチック削減に寄与している商品、または企業として取り組んでいる企業の商品です。

※海洋プラスチックゴミをアップサイクルした商品、再生プラスチック、生分解性プラスチックを使用した商品にも付与しています

※企業としてプラスチック削減に取り組んでいる場合・現在使用している容器の素材に関係なく、取り扱いの全商品に「P」を付与しています

Vegan ヴィーガン

ヴィーガン認証を取得、あるいは同等の基準*に達している商品です。動物性タンパク質1calを生産するのに必要な化石燃料は、穀物タンパク質の11倍にもなります。ヴィーガンは地球を守る選択肢の一つです。まずは週に一回、一つだけでも、生活に取り入れてみませんか。

※製造過程に動物由来成分が使用される可能性があることから「植物由来成分100%・動物由来成分不使用」の商品は対象外としています。

Fairtrade フェアトレード

フェアトレードの輸入品、または原料を使用している商品です。フェアトレードは途上国の生産者がきちんと生活を維持できる値段で継続的に取引することです。フェアトレードの商品をチョイスすることで、貧困の罠にとらわれ、働かないといけない子どもたちが学校に通うことができます。

※国産の商品・原料に関する「ウェルネスフェアトレード」等の取組みについては、付与していません

天然由来成分配合

石油由来成分や化学物質を極力排除し、自然なものを使うことで、環境に配慮します。

※オーガニック成分を使用しているが、オーガニック認証未取得の商品にも付与しています

※認証を取得していない場合は、製造企業へ確認をした上で、アイコンを付与しています

まとめ

店頭で商品を選ぶときには、商品説明に記載されている7つのマークを意識してみてくださいね。